江ノ電 タンコロ祭り
11月に毎年江ノ電の極楽寺駅そばの検車区にて行われます。
江ノ電ファンに人気の旧型車両「タンコロ」が公開されて、いろいろなイベントが催されます。
タンコロは多分「単車」の略かと思います。一両で前後に運転席のある車両です。江ノ電「極楽寺」駅の脇に検車区はあります。この日も10:00の開場を待つほど多くの人が訪れていました。車両は「タンコロ(100形)」と「300形」「500形の運転席」が展示されていました。また模型運転ではNゲージとHOゲージのジオラマ。子供たちに人気のミニ江ノ電の運転。江ノ電鉄道備品の販売。プラモデルなど江ノ電グッズ。江ノ電ガチャポン。江ノ電弁当(江ノ弁)おにぎりなどの店も出て鉄道好きなお子さんを連れたファミリーや鉄道マニアでにぎわってました。
タンコロ(100形)
なんとなく格調がある
 タンコロ(100形)は1929年〜1980年に営業運転された車両です。

シンプルな運転席。一台で運転する電車で運転台が両方にあり、ドアの開閉は運転士と車掌が手作業で行ったということです。
ロングシートの車内です。

定員は結構多いですね。

懐かしい窓の開閉クリップ

300形 旧500形
江ノ電ファンの人気者、顔として活躍中です。 連結台車が特徴です
昭和30年代前半と昭和43年に合計6編成12両がデビュー

丸い顔です
運転台に乗って記念写真

模型ジオラマ 江ノ電鉄道部品販売
ジオラマは、本物のコントローラを使って運転できるようになってました。
子どもたちは大喜びです。


いろんなものが格安です


江ノ電グッズ 江ノ電弁



この日のお土産です

グルッピー面白いです

江ノ電弁当 おいしかった

江ノ電 駅の点描
藤沢駅 20形 極楽寺駅 1000形 鎌倉駅 10形
平成14年導入の車両です
この車両の就役により冷房率100%を達成


昭和54年に完全新造車として登場
旧形車両ばかりだった江ノ電に新風を吹き込みました

平成9年に開通95周年を記念して造られた
「レトロ車両」です

inserted by FC2 system